OCN | マネー - 特集・入門 -

マンガ株式入門

今回は株価チャートの読み方を基本からマスターしましょう。

株価チャートは株価の値動きをビジュアル化

 「会社四季報」「日経会社情報」やインターネットのサイトには、銘柄ごとに白い四角や黒い四角が並んだ「株価チャート」のグラフが載っています。これは一定期間の過去の株価の値動きをビジュアル化したもので、日本語で「けい線」と言います。その読み方を覚え、使い方に習熟したら、自分なりにチャートを分析して売り時や買い時を判断できるようになります。ここでは、株価チャートの読み方を基本からマスターしていきましょう。

image


白い四角、黒い四角は「ローソク足」

 株価チャートの白い四角、黒い四角を「ローソク足」と言います。その位置と長さは、前回で説明した4本値のうち始値(最初の株価)と終値(最後の株価)で決まります。白い四角は、始値より終値のほうが高い、つまり値上がりを示し「陽線」と言います。その上の端が終値、下の端が始値を示します。黒い四角は、始値より終値のほうが安い、つまり値下がりを示し「陰線」と言います。その上の端が始値、下の端が終値を示します。

image


「ひげ」が出る? 出ない?

 白い陽線も黒い陰線も、四角形の上と下にはふつう、細い線の「ひげ」が出ています。その長さは、前回で説明した4本値のうち高値(最も高い株価)と安値(最も安い株価)で決まります。陽線でも陰線でも、ひげの上の先端が高値、下の先端が安値を示しています。なお、高値と始値または終値が同じ、安値と始値または終値が同じで、ひげが出ない場合もあります。新聞の株式欄の4本値を参考にローソク足を自分で作ってみましょう。

image


「移動平均線」は終値の平均値の変化

 株価チャートの底の部分に棒グラフが規則正しく並んでいることがあります。これは取引された株数の合計である「売買高」の変化を示しています。それとは別に、株価チャートのローソク足を貫くように点線が波打っていることもあります。これは「移動平均線」と言い、終値の平均値の変化を示します。プロ野球の打者が5打数5安打すると打率(平均安打率)が上がるように、終値が急騰すると移動平均線も右肩上がりになります。

image


上昇と下降のチャート

 株価チャートで白い陽線が長く、下の売買高の棒グラフが長いとき、「たくさん買われて大きく値上がりした」と読めます。陽線が並んで上り階段のようになっていれば、その銘柄の株価は好調に上がっています。逆に、黒い陰線も売買高の棒グラフも長いときは、「売りが急増して株価が急落した」と読めます。陽線も陰線もひげも短く、売買高も低調で棒グラフが短いときは、「売り買いが閑散として値動きに乏しかった」と読めます。

image


〈次回予告〉
さて次回はいよいよ銘柄購入の話、「自分の狙いに合わせて銘柄を選ぶ」です。

(2007.04.12)

寺尾 淳(てらお じゅん)
同志社大学法学部卒。経済関係出版社勤務等を経て86年からフリーランス。86〜92年「週刊現代」「NEXT」で主に経済記事を執筆。92年以降「Forbes日本版」を中心にビジネス雑誌の仕事を続ける一方、単行本も10冊以上出版している。更に詳しく
イラスト/ヨツモト ユキ
一覧にもどる