OCN | マネー - 家庭のマネー学 -

家庭のマネー学 ライフプランから資産運用まで〜 あなたと家族を守る人生ガイド

目的別

借りる

■返せなくなったらどうする

借金が毎月の収入だけでは返せなくなった時に、その借金の返済のために新たな借金を繰り返すことは、次第に高い金利でしか借りることができなくなり、やがては多重債務となるので、絶対にやめましょう。正しい債務整理の方法を知り、一日でも早く行動することが大切です。債務整理の方法は大きく分けて次の4つがあります。ここではそれぞれの特徴についても簡単にまとめました。

1. 任意整理

弁護士(または認定司法書士)が、依頼者の代理人になって、債権者(お金を貸した人)と直接交渉をして、借金の減額をはかり和解を成立させる方法。
【任意整理のメリット】
弁護士に依頼することで、債権者からの取り立て行為がなくなり、一般に過払い金の返還請求を含め、問題を早く解決することができる。
【任意整理のデメリット】
弁護士に支払う費用がかかる。

2. 特定調停

簡易裁判所に申し立てて、調停委員に債務者(お金を借りた人)と債権者の仲裁に入ってもらう方法。
【特定調停のメリット】
A.弁護士に依頼しなくても自分で手続きができる。
B.債権者からの取り立て行為がなくなる。
C.利息制限法[図表1]に基づいて借金を再計算し、残金を減らすことができる。
【特定調停のデメリット】
A.非協力的な債権者がいると調停が不成立となり、他の方法を考える必要がある。
B.過払い金返還請求は別途手続きが必要。

3. 個人再生

地方裁判所に申し立てて、借金の減額をはかる方法。
【個人再生のメリット】
A.住宅ローン以外の借金(上限5,000万円)が最大で10分の1まで減額できる。残金は一般に、金利0%で、3年で分割返済する。
B.持ち家を手放さずに債務整理することができる可能性がある。
【個人再生のデメリット】
A.住宅ローン自体は減額されない。3年間は他の借金の返済もあるので、楽ではない。
B.継続的な収入の見込みがあることが条件。
C.手続きが複雑なので、弁護士に依頼する必要がある。

4. 自己破産

地方裁判所に申し立てて、借金の返済を免除してもらう方法。
【自己破産のメリット】
A.免責決定が出れば借金は全額免除される。
B.手続開始後の収入は自分のものにできる。
【自己破産のデメリット】
A.持ち家等の財産が処分される。
B.免責決定が出るまでの約2ヵ月間、一定の職業制限や資格制限を受ける。

また、これらの債務整理を行うと、信用情報機関に登録されるので、5年から7年くらいの間は、金融機関からの新たな借り入れや、クレジットカードの作成ができなくなります。

債務整理の方法はそれぞれに特徴があるので、家計の状況や借入状況、返済能力に応じた、適切な方法で迅速に解決するようにしましょう。

図表1(利息制限法の上限金利)

借 入 額 利息(年)
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%