OCN | マネー - 家庭のマネー学 -

家庭のマネー学 ライフプランから資産運用まで〜 あなたと家族を守る人生ガイド

生活の場面別

死亡と相続

■相続する財産の種類

相続人となる人は、亡くなった人の権利であるプラスの財産とマイナスの財産である義務を引き継ぎます。

相続する財産は、プラスの財産だけではありません。借金などのマイナスの財産もあります。なかでも連帯保証債務は厄介です。また、一身専属のものは相続財産にはなりません。なお、相続の手続きが終わるまでは、相続人全員の共有財産です。

プラスの財産は、経済的な価値のあるものです。たとえば、土地や建物などの不動産、現金、預貯金、株、国や会社の借金の証文である有価証券などの金融資産が主なものです。
その他のプラス財産として、車や貴金属・絵画・骨董品など換金性のあるものです。ゴルフ会員権や貸付金も忘れないでください。 一方、マイナスの財産とは、借金、預り金、住宅ローンなどの他、カードで支払ったカードローンなどもあります。また、未払いの税金(固定資産税、所得税、住民税など)、病院の費用や保証債務などもマイナスの財産になります。
議会の議員や医師、税理士、ファイナンシャル・プランナーなどの一身に専属のものは相続の対象にはなりません。社団法人組織のゴルフ会員権も相続できません。

財産の見つけ方として、不動産は市町村役場(都税事務所)から届いている固定資産税の納税通知書をまず見つけ、法務局から登記簿謄本(全部事項証明書)を取り寄せます。そして、預金通帳の払出(引き落としや振込を含む)から各種情報がつかめます。通帳や遺言書などを見つけるためには、貸金庫取引があるかないかも、できるだけ早く確認してください。夫婦間で貸金庫取引の代理人になっている場合、契約者本人が死ぬと代理権がなくなりますので、銀行と相談しましょう。

  • 1.保証債務と連帯保証債務には注意する
    『借金が財産より多いときはこうする』
    を参照願います
  • 2.一身専属の権利は、相続財産にはならない
  • 3.貸金庫がある場合、開ける手続きについて、早めに確認する
  • 4.固定資産税が非課税になっている不動産の見落としがないか確認する

主な相続財産

プラスの財産 不動産 土地、建物、借地権など
金融資産 現金、預貯金、株などの有価証券
債権 貸付金、電話加入権、被相続人が受取人になっている生命保険金など
その他のプラス財産 自動車、貴金属、絵画、骨董品、家財家具、著作権など
マイナスの財産 債務 借入金、住宅ローン、カードローンなど
その他のマイナス財産 未払いの税金、入院費、治療費、アパートの敷金などの預り金、損害賠償義務、保証債務など