OCN | マネー - 家庭のマネー学 -

家庭のマネー学 ライフプランから資産運用まで〜 あなたと家族を守る人生ガイド

生活の場面別

社会保険と年金

■離婚すると年金はこうなる

平成19年4月1日以降に成立した離婚は、国民年金に上乗せされる厚生年金を分割することができます。この制度は、婚姻期間中の厚生年金保険の保険料納付記録を、離婚時に限って分割することを認めるものです。分割の手続きは原則として、離婚後2年以内で、分割を行った元の配偶者が死亡しても分割後の受給権に影響はありません。

分割の対象は結婚期間中の厚生年金で、対象となる期間の給料(標準報酬総額)の多い人が、少ない人に対して給料(標準報酬)の分割を行います。厚生年金の分割は、平成19年4月1日前の結婚期間中も、分割割合の上限を5割として分割ができます。分割割合の合意がまとまらない場合には、裁判で決めることになります。ただし、平成20年4月からサラリーマンや公務員の妻である第3号被保険者期間については協議によらずに5割の額に分割されます。ただし、平成20年4月前の第3号被保険者期間については5割を上限とした離婚当事者間の協議による分割割合となります。

仮に夫がサラリーマンで妻が専業主婦の場合に夫から分割される厚生年金は、結婚期間の夫の厚生年金部分の年金で、基礎年金部分(国民年金部分)や結婚前の期間の年金は分割の対象となりません。【図表参照】

離婚した場合の年金分割のイメージ

振替加算は65歳前に離婚すると、配偶者加給がなくなるため支給されません。振替加算を受給している65歳以上の配偶者と離婚した場合には振替加算は支給停止にはなりませんが、分割に際して夫と妻の厚生年金の加入期間を合わせて240月以上あれば受給中の振替加算は支給停止となります。

年金分割の情報は、年金手帳と婚姻期間の確認できる戸籍謄本を準備し「年金分割のための情報提供請求書」を年金事務所に提出すれば、情報通知書と分割後の年金の見込み額が届きます。情報通知書には結婚から情報を請求した期間までを分割対象期間とした夫婦それぞれの加入記録と標準報酬総額、分割対象となる厚生年金の按分割合の範囲が記載されています。