OCN | マネー - 家庭のマネー学 -

家庭のマネー学 ライフプランから資産運用まで〜 あなたと家族を守る人生ガイド

生活の場面別

社会保険と年金

■国民年金の仕組み

国民年金とは、国民という言葉が示すとおり全国民を対象にしている年金制度です。年金とは年単位で一定の金額を決定し、その金額を受け取り続ける仕組みのことです。この年金を受け取るためには、まず、国民年金に加入して保険料を一定期間払い続けなければなりません。国民年金では、保険料を納める被保険者の種類を3つに区分し、それぞれ1号被保険者、2号被保険者、3号被保険者と呼んでいます。

  • (1) 1号被保険者…2号、3号以外の人で20歳から60歳未満の日本国の居住者
  • (2) 2号被保険者…65歳までのサラリーマン(厚生年金加入者)・公務員(共済組合加入者)
  • (3) 3号被保険者…2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳から60歳までの人(主に専業主婦など)
  • (1号被保険者期間の中には、保険料を納付した期間、保険料を免除された期間、未納期間の3つがあります。)

国民年金の給付には、原則65歳以上の人が受け取る老齢基礎年金、加入中に障害者になった人が受け取る障害基礎年金、加入中に亡くなった場合に遺族が受け取れる遺族基礎年金の3種類があります。

まず、老齢基礎年金を受給するためには、原則25年以上加入(保険料の未納を除く)しなければなりません。次にもらえる年金の金額についてですが、2号被保険者期間や3号被保険者期間はすべて保険料を納付した期間としてカウントするので問題ありませんが、1号被保険者期間の場合は、保険料の納付状況(納付・免除・未納の月数)で、将来受け取れる年金に違いが出てきます。老齢基礎年金は保険料を40年間支払い続けた場合、年間で満額の79万2100円(平成22年度)が受け取れます。保険料を免除されたり、未納期間があると減額された金額となります。

次に、障害基礎年金と遺族基礎年金を受け取るには、原則として加入期間の3分の2以上の保険料納付が必要です。税金と違って将来受け取ることができるのが年金です。また、障害者になったり、亡くなった場合などのリスクに備えるものでもあります。未納にならないように保険料を忘れずに納付しましょう。

国民年金