OCN | マネー - 家庭のマネー学 -

家庭のマネー学 ライフプランから資産運用まで〜 あなたと家族を守る人生ガイド

生活の場面別

社会保険と年金

■国民年金、繰上げ受給の留意点

国民年金の繰り上げ受給とは

国民年金の老齢基礎年金は、65歳から受給を開始するのが基本です。本人が希望すれば受給開始を1カ月単位で60歳まで繰り上げることや、70歳まで繰り下げることができます。
ただし繰り上げ受給を選択すると、65歳から受け始める年金額に比べ、受給金額は、1ヶ月早くなるごとに0.5%ずつ減額されます。繰り下げ受給を選んだ場合には、1ヶ月遅くなるごとに増額率は0.7%ずつ高くなります。
例えば、仮に本来65歳から受取る年金額を78万円とした場合、5年繰り上げて60歳から受給を開始したとすると、受給額は30%減額され54万6000円となります。一方、5年繰り下げて70歳から受給を開始した場合には、42%増額の110万7600円となります。このように5年繰り上げた場合と5年繰り下げた場合では、年金額が約2倍も違ってくるのです。

繰り上げ受給は長生きをすると損

退職後の60代前半は一般に収入が少ないことや、公的年金に対する不信感から、最近は繰り上げ受給をする人が増え、およそ4人に1人の割合になっています。
繰り上げ受給をした場合には、減額されたままの年金額が一生涯続きます。そのため、5年繰り上げて60歳から受給しても、76歳7ヶ月以降の年金受給総額は、65歳から受給した場合より少なくなります。
現在60歳時の平均余命は男性で83歳、女性は89歳です。仮に平均寿命まで生存するとした場合、60歳に繰り上げ受給をすると、65歳からの受給開始に比べ、受給総額が男性で148万円、女性で289万円も少なくなる計算になるのです。

繰り上げ受給の留意点

繰り上げ受給は受給額だけでなく、他にも次のような不利な点があるので注意が必要です。

〇障害の保障
繰り上げ請求後は、原則として障害に対する保障がなくなります。障害基礎年金は、65歳に達する日の前日までに初診日のある病気・ケガで、障害の状態になったときに支給される年金です。「老齢基礎年金の繰上げ請求」=「65歳到達」とみなされますので、繰上げ請求をすると65歳以後と同じ取り扱いとなり、障害に対する保障がなくなるのです。

〇遺族の保障(遺族厚生年金の受給権が発生した場合)
厚生年金の加入期間のある夫が死亡した場合、要件を満たしていれば、妻に遺族厚生年金の受給権が発生します。
しかし妻が老齢基礎年金の繰上げ受給をしていた場合は、65歳までの間は遺族厚生年金と繰り上げた老齢基礎年金の両方を同時に受給することはできません。どちらか一方の選択になりますが、ほとんどの人が「遺族厚生年金」>「繰上げた老齢基礎年金」となるため、遺族厚生年金を選んでいます。
65歳以後は、遺族厚生年金と老齢基礎年金は両方受給できますが、この場合の老齢基礎年金は、繰上げにより減額された老齢基礎年金です。その結果、繰上げをしない方が良かったというケースも見受けられます。

〇寡婦年金(死亡した夫が寡婦年金の要件を満たしている場合)
寡婦年金は、夫が亡くなったときに妻に支給される年金です。しかし死亡した夫が老齢基礎年金を繰上げ受給していた場合は、妻に寡婦年金を残すことはできません。また、妻が老齢基礎年金を繰上げ受給していた場合は、夫が残した寡婦年金を受給することはできません。
また死亡一時金についても、死亡した夫の要件が「障害基礎年金・老齢基礎年金を受給したことがないこと」となっています。そのため、繰上げ受給をしていた夫は、死亡一時金も残すことができません。

このように、国民年金の繰り上げ受給はさまざまなデメリットや留意点があるので、十分に理解した上の利用をお勧めします。

国民年金繰り下げ受給の減額率(昭和16年4月2日以降生まれの人)

繰り上げ受給開始年齢 減額率
60歳 30%
61歳 24%
62歳 18%
63歳 12%
64歳 6%