OCN | マネー - 家庭のマネー学 -

家庭のマネー学 ライフプランから資産運用まで〜 あなたと家族を守る人生ガイド

目的別

安全に貯める

■ペイオフってなに?

2010年、ある銀行が経営破たんしたことにより、初のペイオフが発動され話題になりました。大切な自分のお金が守られる制度ですので、あらかじめ仕組みを知っておくとよいでしょう。

一言で言うとペイオフとは、「万が一、金融機関が経営破綻した場合でも、預金保険制度で一定額を保護します」という制度のことです。
セーフティネットとして、預金保険機構が破綻した金融機関にかわって預金を払い戻すことで、私たち預金者が不安にならないよう保護してくれるというわけです。この預金保険制度は、私たちの預金の中から銀行が少しずつ保険料を徴収することで成り立っています。

預金保険制度による保護の範囲ですが、利息のつかない決済用預金(当座預金など)については、全額が保護されます。それ以外の定期預金や普通預金などは、一金融機関ごとに預金者ひとりあたり元本1000万円までとその利息等が保護されることになっています。そのため、預金保険制度で保護されない元本1000万円+利息分以上の預金等は、一部カットされる可能性があります。破綻した金融機関の財産の状況に応じて支払われることとなるため、どの程度カットされるかは財務状況によって決められます。銀行・信用金庫・信用組合などの各種預金はすべて預金保険制度の対象となりますが、外貨預金や海外支店の預金など、預金保険制度の対象とならないものもありますので、注意が必要です。

金利が高いからといって、1つの銀行に1000万円以上預けてしまうと、最悪の場合、利息どころではなくなってしまう可能性もあります。
1000万円以上の預金がある場合には、複数の異なった金融機関に1000万円以下ずつ分けて預けるようにして、万一の際のペイオフに備えましょう。

銀行が破綻した時の取扱い

取扱い 預金の種類
全 額 保 護

    当座預金・利息のつかない普通預金など

1金融機関ごとに預金者1人あたり元本1000万円までとその利息等を保護

    利息のつく普通預金・別段預金・貯蓄預金・定期預金・元本補てん契約のある金銭信託(ビックなど)・金融債(ワイドなど)など

保 護 対 象 外

    外貨預金・元本補てん契約のない金銭信託(ヒットなど)・金融債(保護預かり専用商品以外のもの)など