OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

子ども編

No.002 ワーキングウーマンへの出産手当金

健康保険の被保険者が出産のために会社を休み、給料を受けられない場合には出産手当金が出ます。計算式は、日給(月給÷30日)×2/3日数分となり、日数は出産予定日から98日(出産前42日+出産後56日)が基本となります。たとえば月収18万円の人なら、助成金の合計は392,000円になります。産休中に給料が出ていても、出産手当金の額よりも少ない場合にはその差額が支給されます。健康保険の加入先に忘れずに申請をしましょう。

節約格付け
  • お手軽度:★★★★★
  • 節約度:★★★★
  • エコ度:☆☆☆☆☆

節約術200事例トップへ