OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

日用品編

No.008 入浴剤の代わりにくだものを

みかんやレモン、リンゴの皮で入浴剤を作ってみましょう。食べ終わったみかんの皮を新聞紙などに広げ、日干しします。乾いて水分のなくなった皮を2〜3cm幅にカットし、ふたつかみほどを目の細かい洗濯ネットやストッキングなどに入れます。お湯でネットごとみかんの皮をさっと洗ってから浴槽に入れましょう。みかんのいい香りがしますし、皮に含まれるリモネンという成分の作用でお肌もしっとりします。この他、ハーブやミント、塩やミルクなど、さまざまなバリエーションが可能です。1回分の入浴剤が100円として、月に10回使用すると1,000円。年間では12,000円の節約に。

節約格付け
  • お手軽度:★★☆☆☆
  • 節約度:★★★☆☆
  • エコ度:★★☆☆☆

節約術200事例トップへ