OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

日用品編

No.017 デパート「友の会」の積み立ては「高利回り」

多くの百貨店の「友の会」には、毎月1万円を積み立てると、1年で13万円分の買い物券が受け取れる、といった特典が用意されています。12万円の現金が13万円分の買い物券となるわけですから、単純計算で年利は約8.3%となります。

また、最初から12万円すべてを積み立てるわけではなく、あくまでも月々1万円ずつの積み立てですので、手軽に始められます。銀行に預けていても、ほとんど金利がつかない現在では、かなりの高利回り商品といえるのではないでしょうか?

お中元やお歳暮などを特定の百貨店から贈ることを決めている、あるいは1年後に控えた挙式の、引き出物を注文する予定があるなど、その百貨店で年に12万円以上の買い物することがあらかじめ予想できる場合には、有効に活用できそうです。月に2万円、3万円といったコースが用意されているところもあります。

ただし注意点もあります。受け取った買い物券は、その百貨店および系列店でしか利用できません。また商品券などの購入には使えず、したがって金券ショップでの換金もできないことになります。つまり、特定の百貨店での買い物を予定しない場合には、使い勝手があまり良くありません。また、わずかではありますが、百貨店の倒産リスクも存在します。

日頃よく利用している店で、地域最大店や電鉄系百貨店など経営基盤のしっかりしたところを選ぶなどして、賢く利用したいものです。

節約格付け
  • お手軽度:★★★☆☆
  • 節約度:★★★★
  • エコ度:☆☆☆☆☆

節約術200事例トップへ