OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

水光熱費編

No.002 電力契約を見直し基本料金を下げる

電力会社と契約している契約アンペア数を見直すことで電気代を節約できる可能性があります。電気料金の計算式は、「基本料金+電力使用量料金+(燃料費調整額)+消費税」となっており、北海道、東北、東京、北陸、中部、九州の6社の電力会社では、契約アンペア数を下げれば、基本料金が安くなります。例えば東京電力の場合、契約アンペア数を50Aから20Aに変更すると、月額基本料金が1,365円から546円に819円も下がり、年間では9,828円の節約になります。

節約格付け
  • お手軽度:★★★★
  • 節約度:★★★★
  • エコ度:★★☆☆☆

節約術200事例トップへ