OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

水光熱費編

No.007 エアコン(2)扇風機との合わせ技で

エアコンの下に扇風機を置き送風することで冷気を部屋全体に循環させ、効率よく冷やすことが可能です。また扇風機の「弱」の風速は約2.5メートルで、人間の体感温度は風速1メートルで1度下がリますので、扇風機を併用をすることで体感温度を下げ、冷房の設定温度を高めにすることができます。トータルの電気代は扇風機併用の方が安くなります。エアコンの設定温度が26度の時の消費電力を100%とすると、エアコンを28度、扇風機を弱運転で併用した場合、消費電力は約78%にまで軽減。冷房を1日8時間、年に3ヶ月間使用するとすると、消費電力を500kWhとして年間の電気代は8,200円ほど。扇風機の併用で20%節電できるとすると、年間約1,600円の節約に。

節約格付け
  • お手軽度:★★★☆☆
  • 節約度:★★☆☆☆
  • エコ度:★★☆☆☆

節約術200事例トップへ