OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

水光熱費編

No.024 トイレの大/小の区別をきっちりと

トイレ使用後に、つねに「大」で水を流す人がいますが、「ちりも積もれば山となる」で、毎回の積み重ねは大きな節約につながります。便器洗浄量は一般的なもので、大5.5リットル、小4.5リットルに設定されており、その差は1リットル。家族4人で1日20回、大4回、小16回トイレを使用すると、大小の区別をつければ16リットルの節水に。その結果、年間1,331円の水道代節約になります。

節約格付け
  • お手軽度:★★★★★
  • 節約度:☆☆☆☆
  • エコ度:☆☆☆☆

節約術200事例トップへ