OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

水光熱費編

No.025 便座の温度設定などをこまめに変更する

温水洗浄便座の電力消費量は、便座保温、温水加熱・保温、乾燥の順になります。便座保温は夏場であれば切ってしまうか、一番低い設定で充分です。また、便器のふたを閉めておくことで、便座の表面温度が下がりにくくなります。温水加熱も季節によって切り替え、最適な設定をするように心がけましょう。

節約格付け
  • お手軽度:★★★☆☆
  • 節約度:☆☆☆☆
  • エコ度:☆☆☆☆

節約術200事例トップへ