OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

水光熱費編

No.027 水滴を拭き取ってから鍋を火にかける

鍋底の水滴は必ず拭き取ってから火にかける習慣を付けましょう。洗ったばかりで水滴のついたままの鍋ややかんを火にかけると、まずその水分を蒸発させる為にエネルギーを消費することになり無駄になります。サッと水滴を拭き取るだけで、約2%効率アップ。同様に鍋が汚れていたり、吹きこぼれなどもロスになりますので気をつけましょう。やかんに水滴が付着していなければ、5ml付着している時と比べて、1日3回の使用で年間で38円のガス代節約になります。

節約格付け
  • お手軽度:★★★★★
  • 節約度:☆☆☆☆
  • エコ度:☆☆☆☆

節約術200事例トップへ