OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

水光熱費編

No.052 扇風機を見直そう

いま扇風機やサーキュレーターが注目されています。家庭の光熱費のなかで約1/4を占めるエアコンの使用を押さえることが節電に有効であること、扇風機のナチュラルな風がエコ・ライフに相応しいことなどが理由です。
消費電力を考慮すると、エアコンから扇風機に置き換えるだけで、冷房時の電気使用量を1/10から1/30程度に押さえることが可能です。また、エアコンと扇風機を併用し、冷気を循環させ効率的に冷房すれば、1度で約10%違うと言われるエアコンの設定温度を上げることで大きな節電効果が見込めます。

また夜、外出先から日中閉め切っていた部屋に帰った場合には、窓際に扇風機を置いて冷えた外気を取り入れ、部屋にこもった熱気を追い出しましょう。こうすることで、その後の冷房効果が高まります。
扇風機の前に冷たい氷水を満たした洗面器を置いたり、霧吹きスプレーで霧を吹きかけたりすることで気化熱が奪われ、涼風を得ることができます。部屋干しの洗濯物の背後から風を送るのも効果的です。洗濯物も乾くので一石二鳥かも。

節約格付け
  • お手軽度:★★★☆☆
  • 節約度:★★★★
  • エコ度:★★★★

節約術200事例トップへ