OCN | マネー - 節約術200事例 -

節約術200事例

通信・PC・携帯編

No.018 払いすぎの切手代は返してもらえる

速達料金で出した郵便物が普通郵便で届いてしまった場合、差額を切手で返還してもらうことが出来ます。たとえば、定形郵便物で速達分の350円分の切手を貼ったのに、誤って普通郵便で出してしまった場合、受け取った人が郵便局に返済請求すれば、普通郵便80円との差額270円を返還してもらえます。速達のはずの郵便物が速達で届かなかった場合にも、速達料金のみ返還請求できます。これはいずれも郵便料金が超過している郵便物の「受取人」が請求できる権利です。差し出した人は請求できませんのでご注意を。

節約格付け
  • お手軽度:☆☆☆☆
  • 節約度:☆☆☆☆
  • エコ度:☆☆☆☆☆

節約術200事例トップへ